歓迎のご挨拶

札幌市長 秋元 克広

山々の緑も色濃くなり始めてきた今日この頃、今年も「SAPPORO★テイネトレイル2022」が開催されますことをお喜び申し上げますとともに、各地からお集まりの皆様を心より歓迎いたします。

皆様が挑まれる手稲山は、1972年札幌冬季オリンピックの会場として使用されるなど、市内の多くのスキーヤーが訪れ、親しまれております。こうした中、50キロ、33キロ、17キロ、5キロコースの4つのコースに分かれ、子どもから大人まで様々な世代の方々が、ここ手稲山を舞台にトレイルランを楽しむことができることは、市民のスポーツ振興へとつながる大変意義深いものであると考えております。

現在、2030札幌オリンピック・パラリンピック冬季大会の招致活動を進めておりますが、2030大会でもサッポロテイネスキー場はアルペンスキー、スノーボード競技などの競技会場の予定になっており、コースを走られる際には手稲山から見える眺めや急勾配を楽しんでいただければと思います。

本大会に参加される皆様におかれましては、事前の準備と体調管理をしっかりとされた上で、安全第一に大会に参加されることを心よりお願い申し上げますとともに、標高1000メートルを超える手稲山のさわやかな空気、森の香りなど、豊かな自然を存分に味わっていただければ幸いでございます。

結びに、大会の開催に向けて準備を進められてこられた役員及び関係者の皆様の御尽力に深く敬意を表しますとともに、本大会の成功と、参加者の皆様の御健闘をお祈りいたしまして、挨拶とさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました